庁内環境でxIDアプリを使用したいです。

カテゴリー
庁内実験
自治体庁内の環境でxIDアプリを使用するにあたり、次の通信が必要です。
📍
Webフィルタリング、メールフィルタリング等で制限がある場合は、事前にご対応をおねがいいたします。
 
#プロトコルSSL/TLSドメインFrom目的
1HTTPあり(443)oidc.x-id.ioクライアントアプリOIDCの認可にまつわるリクエストを送るため ・/oauth2/auth (認可フロー開始) ・/oauth2/token (トークン取得)
2HTTPあり(443)api.x-id.ioクライアントアプリxID REST APIの呼び出し
3HTTPあり(443)identity.x-id.io利用者ブラウザxID認可画面の取得
4HTTPあり(443)phosphorus.x-id.ioxID認可WebフロントエンドxID認可画面における認可フローの取り回しのAPIリクエスト
5HTTP2あり(443)silicon.x-id.ioxIDアプリxIDアプリ用API(gRPC)
6HTTPあり(443)verification.x-id.io利用者ブラウザxIDアプリ登録時のメールアドレス認証画面の取得
7HTTPあり(443)keys.x-id.ioxIDアプリxIDアプリ-アプリ用API間の認証トークンの有効性確認のための公開鍵リポジトリ
8HTTPあり(443)repository.x-id.ioxIDアプリ クライアントアプリ(実装次第)xID CAのCA証明書を配信するためのリポジトリ
 
SmartPOSTを利用するにあたり必要な通信についてはこちら
 

関連ページ